« さらに北へ! | トップページ | エゴサーチっ、したことあります? »

2018年9月22日 (土)

たび重なる旅の…

甚大な被害をもたらした

北海道胆振東部地震から
9/20で二週間が経ちました。
 
亡くなられた方、被害を受けた方たちに
お見舞い申し上げます。
 
徐々に復旧しつつあるというものの、
まだまだ大勢の方々が不自由な避難所生活を
余儀なくされているいると思うと心が傷みます。

Img_0060

▲フライト前の羽田展望台

 
じつは9月4日北海道へ。
この日は台風21号のコースは北上中で
午前中のフライトは欠航もあったなか
時間の関係でなんとか搭乗。
 
ただし機内アナウンス^^; 暴風圏内
であることで揺れはあるよっ!
 
でも眼下に見る現地は幸いにも
お天気で安堵しました。

0001h

オホーツク海を眼下に
 
空港でレンタカーの手続きをすませて
網走から定番コースを観光し、早目に
知床ウトロのホテルへ向かうことに。
 
夕方から本格的に暴風圏内に入ったようで
建物全体が波打つようにホテルは揺れている…
今夜から明朝まではこのまま続きそうだ。
 
さて夕食のバイキングもたけなわ♪
ブチッ( ̄◆ ̄;)⭐︎」一瞬にして停電。
館内は真っ暗闇、しばし呆然。
スタッフが前もって用意してたかのように
各テーブルへキャンドルを運ぶ。
当然光量は足りずスマホで照らしながらpout
ニュースでは全道にわたり停電・断水?
食後は階段で5階まであがることとなる。
 
翌朝には復旧(予備電源だが)して通常の朝食。
つぎの観光地へと向かう!
オシンコシンの滝〜 美幌峠〜摩周湖〜
そして阿寒湖湖めぐり。
台風も去り湖畔もとっても穏やか(゚▽゚*)
夕飯までにゆっくり静かな夕暮れ湖畔散策。
途中、鹿にも遭遇。
前夜の雨でぬかるんでいるのでボッケまでは
いけずあきらめ引き返した。

Akan_ko

▲ぐるり回って「ボッケ」まで行くつもりだったが

 
阿寒湖畔のホテルにて、ついに次なる恐怖。
 
眠りにつくのがいつも 深夜になる我が家は
旅先とておなじように…
天気がよくってホントに素晴らしかったね〜🎶」
なぁ〜んてなことをぬかして深夜3時、さて寝なきゃ!
と、まさにそのとき突如全員のスマホ📱が
緊急地震警報♪☆いっせいに響きわたる(^_^;)
 
近くだヤバイヤバイ建物がぐらぐら揺れだし💦
TVをつけると震源はなんと苫小牧あたり。
…と同時に電気がプッツンとキレた。
あわててドアを開けて様子を伺う。
深夜3時ということで宿泊客は大半は
寝入っていて気づかない人もいるようだ!
ここは震度4!横になっていた妻は顔面蒼白。
怖いこわいよ〜どぉなるのぉ…怯えまくり。
一瞬にして停電、断水… トイレ🚽は、
よりによってアラウーノだったから
流すことすらできない。
備えつけの小さい非常灯で辺りを確認しつつ
階段を降り古いトイレを利用する羽目に。。
携帯は📱前もってタップリ充電して
いたのがせめて救いか。
館内放送もないまま、刻々と入ってくる
スマホの情報に頼ることになる。
ほとんど寝る状態ではなくそのまま朝。
朝食は自家発電のおかげでなんとか
 
チェックアウト後は今回は残念だが
このあとの観光予定をすべてとりやめ
被害の様子を見る限り新千歳に早く居る
べきだろうととにかくつぎの宿へ急いだ。
 
全道にわたりブラックアウトって?どういうこと?
新千歳までの怖さってこればっかりじゃない!
レンタカーと知るや道外からの観光客と思われ
くねくねした狭い山道でダンプカーが執拗にあおり
ピッタリ車間距離を詰めひっつき追い越し区域でも
平気にバンバン何台も追い越して行く。
さらに停電で照明のないトンネルが次々と …
さすがに経験のない暗さの中での運転で怖いこと。
 
市街にはいると信号がすべて消えていて
警察官も配備されていない、、、、
キョロキョロしながら必要以上に慎重。
街中に人影すらなくコンビニは開店してても
まっくらで買える商品はないにちかい。

Asyoro

ガソリンを求めてもGSは停電でどこも
閉鎖されていて焦った。
ようやく足寄で見つけた長い行列へ
ひっきりなしに自衛隊の車列が
被災地に向けて行く様子をみながら
1時間かけて給油とトイレすませて一安心。
 
3泊目ではおにぎりとスープという
炊き出しのような夕飯。
朝食もほとんど同様だった。
事情が事情だけにクレームも言えない。
本来なら持ち出しは厳禁だが数個の
パンをいただいてしまった。
食料を買えないことだったからι(´Д`υ)アセアセ
 
▲二日経過してもこの状態で居場所もない新千歳空港
 
搭乗4時間前に着いたもののニュースの映像で
見たままの光景が…一様に床に座り込み
蒸し暑さにうなだれ時間の経過を待つ。
 
観光客のキャンセルが相次ぎ経済的損失が
計り知れないものがあるでしょう。
日本列島は自然災害にあまりにも傷めつけられて
悲しいかぎりです。
 
貴重な体験だったがまた北海道には戻ってきたい!
いつか機会があれば是非。防災を考えつつ。
 

« さらに北へ! | トップページ | エゴサーチっ、したことあります? »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553916/67174544

この記事へのトラックバック一覧です: たび重なる旅の…:

« さらに北へ! | トップページ | エゴサーチっ、したことあります? »