文化・芸術

2012年3月 8日 (木)

コレだっコレだぁ〜!

Dscn1037
※このまま空へ舞い上がりたい気分 
 滑走路のイメージ 


Dscn1039  
※さすがにこの日は、ご覧の通り

  


ひさしぶりというかの彫刻展へでかけてまいりました。

彫刻に関しては自分で彫るなどということもしない

ですし…そもそも立体の知識はないのがつらい…。

あまり気のすすまない状況でしたが(主催者に失礼か)

あいにくのお天気でしたが、このくらいの方がでかける

コンディションとしては?と…地下鉄国立競技場駅から

ほど近い「佐藤美術館」へ行ってまいりました。  

Dscn0997_4


彫刻を知らない人間がこの空間で観ているというのも

何かしら自分のアイディアで思い悩んでるときの

ひとつにでもプラスになればと思いながら鑑賞。

  
やはり心動かせてくれる作品に出会うことができました。

制作者から直接ご苦労話しも聞けましたし…来て良かったw。

  

ひとつ試してみたいものもあり外の天気とはうってかわって

良い刺激をいただいてまいりました。

やはり積極的に汲み取ることはしなくっちゃ。  


  
余談ですが、国立競技場の聖火台は
東京オリンピックのときに川口市の
鋳物工場で造られたものです。
1回目の制作には失敗したらしい。。。
制作者の2、3代目が毎年磨きと点検を兼ねて
手入れに来てるらしいということは…
ガイドブックを作成したときに取材で知ったw。


  

そのあと青山まで歩きHonda本社ショールームで次期NSXを

見ようと思ったけど他の用事があったこともあり時間も

なくなり地下鉄で銀座へ移動。

中央通りをいつものとおりブ〜ラブラ。

あっそうだった◎◎◎マート銀座店店長さん姪っ子の

ダンナさん!以前買いにいったけど会えずじまい。


 

はやくご挨拶しなくっちゃって何年も・・・

またどっかのお店に行く前に。。。  


  
16167080 
※銀座中央通りにて…

Dscn1003
※Diorのショールームが気になって

Dscn1002_2
※銀座ならではのクオリティー

  

本来は家電商品の下見でした。。。日曜日という

4月目前であり新社会人のための家電まとめ買い

コーナーの熱気に圧倒されてしまいました。

  

下見もそこそこに、自分の目的は100均で買ったiPhoneの

ケースをキチンとしたものを手に入れることだったのだ!

膨大な数のケースからコレッ!ってのをゲットできたぞい。

やはりキャメル色はえ〜な〜。

スタンドにもなる…デザインもよし!



Dscn1017_2 
※コレだっ!早々に見つけることができました


Dscn1020  
※スタンド機能でYouTubeを手にしないで鑑賞
 しかし猫の画像は癒されるなぁ〜  

↓いまハマッてるアプリ「ラップムシ」笑えるん〜〜
「IMG_0444.3gp」ラップムシだよ


Dscn1030
※これでおでかけセットが整いました
 iPodも皮のケースです
 ↑実はコレ随分前にBカメラで100人目
 の大当たりしたものです!
 シャッフルは「スピッツ」のみ


| コメント (1) | トラックバック (0)

2011年5月31日 (火)

隠し絵=6

どうしようもない睡魔と戦えず、いつしか居眠りをしていまし

た。それも日中でのお話です。

こういう時って、しなければならないことがあって後ろめたい

ため?それが影響するのか?追い立てられる光景が夢によく出

てきます。

ほんの十数分なんですけど、えらい長い時間に感じながら…。

「鷹」を描いてて思うように進まないのが気がかりであったの

か「梟(ふくろう)」が自分をめがけて執拗に威嚇してきて、

追い払えども次からつぎへと、もの凄い形相で攻撃してくるで

はありませんか!右に左に追いかけ回され体当たり攻撃をしか

けてきて、逃げ回るので必死でした。

なんとも情けない状況。どっと疲れが残る昼下がりの目覚め。

少なくともフクロウも猛禽類ですから恐い面もあるのは承知し

てますが。。最近、後ろめたいことがモロに夢に出てくること

が多く、これは震災の影響も一概にないとは言えないのではと

思い始めております。

////////////////////////////////// 今日やることはその日のうちにって…でもなかなかできないよね //////////////////////////////////

『アルプスを越えるナポレオン』
ジャック・ルイ・ダヴィッド作

●制作年:1800年
●油彩:キャンバス
●寸法:271 × 232 cm


さて、この絵画の中にも複数の動物(生物)が隠されています

が、絶妙にマッチングして紛れこませたものがあり、本人とし

てもお気に入りです。


※今後、回答は別ファイルで!

Kakusienapoleon_2  Stop_2

 


            

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月12日 (木)

隠し絵=3の答え


雨が降っては、またまた心配事が増えちゃうシーズン到来ですね〜〜。


今年は省エネがかなりの勢いで実践されてますけど、

ウワサのLED電球を試しにひとつ買って取り付けて

みましたが、若干思ったより暗かったよ〜な気がしましたが、

あの〜手で触ってもホントに熱くないいってのはオドロキ。

5分の一の節電になり10倍の寿命を考えたらこれは買いですね。

順次買い替えることを検討中。

Ledsyoutou  Ledhikari


))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))

だいたい隠し絵なんて絵を描くのは苦手だ!面倒くさい!っていう人が、

自分であえて考えてみようなんてないわけでしょうけど…。

正直あまり乗り気ではなかったお仕事の依頼で描きはじめてから

実害のないことで人を欺くのは面白いもんだと思いまして…何度かチャレンジ。

他人が描いた(作った)隠し絵だから、ボチボチ見てやろうかって気になっても

作成者の本人に限って観察する気にもならず、仕上がり状態の確認くらいですかね。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

●「落穂拾い」隠し絵の答えです。
★下記のように前回の答えをおいときます。
 異論もあろうと思う方は、ご自分で作成してみては?

Kakusi3kotae

))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))

      

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 8日 (日)

隠し絵=3

原発事故の正確な実態は、国民に隠せるものなら隠し通そうとしていたとしか

思えない事実が、あとから次々と出てきているように思えてしょうがないです。

こんな事態がない限り、知らないづくしで生活しているんでしょうね、きっと!

いやというほどの苦しい弁明ばかりを聞かされて騙された感ばかりです(-。-;。

徐々に明らかになるにつれ悲しくなるほどに隠し事の多い、いまの日本情勢。


わたしがイラストに紛れ込ませた隠した動物なんかかわいいもんです。

あまりにも有名なフェルメール『牛乳を注ぐ女』 ですが、絵画そのものを

隠し絵のために勝手にいじくってしまっております(汗)。

壁、パン、籠、陶器などの質感描写が高く評価されている。

フェルメールの作品には女性像が描かれていることが多いが、

働く女中を単独で表したものはこれ1点のみだそうである。

あまりに本物とは違いますのでやたら動物が見えるような気がしますが

自分なりに入れ込んだものですから、後日正解を…。

また、ご自分で勝手に見つけ出すのも隠し絵をつくる参考になるのでは??

//////////////////////////////////  原画をデフォルメしていますことご了承ください! //////////////////////////////////

◎制作年代 1658〜1660年頃
◎寸  法 縦45.4cm×幅40.6cm
◎所  蔵 アムステルダム国立美術館    
Kakusiegyunyu

では、ごゆっくりと目を休めるお時間ございましたら眺めて観てください!  Stop_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月25日 (月)

隠し絵=2

 

こちらは桜cherryblossomが一通り散って、入れ替わるようにツツジが色鮮


やかに咲いています。


毎年この路地に咲きますけど、今年だけはなぜかジックリ観て


ました。より色が鮮明だったからでしょうか?


こんな穏やかな風景を余震で機嫌をぶち壊しにしないでねっ〜


て〜って言いたいw。


電力不足は想定しなくてはならないので、にわかに手軽に冷や


せるものとかが急激に注目され、夏に向かっての計画停電をふ


まえて早めの対策を考えなくてはとTVでは言うが…。  


****************************************************


日本列島は毎年東に5cmほど移動してるらしいのは明らかだけ


ど、しかし今回の大地震では一瞬にして100〜150年分?動い


ちゃったって計算に…この星(地球)はどうなるんじゃい。


****************************************************

さて本日は、油彩に興味のない方でも教科書で一度は目にして


知ってるはずだとは思いますが、牧歌的なミレー(ジャン=フ


ランソワ・ミレー)の「落穂拾い」です。


これは弄くりやすくとても面白く、動物を入れ込んで描くこと


ができました。


絵とは関係なく地面にこぼれ落ちた稲穂を後から拾い上げる様


子から「落ち穂拾い」は、一種の慣用句として使われることが


あり、→忙しくてやり残した事務作業を落ち穂拾いする。

→授業で取り上げるほどでもなかった説明について
 最後に落ち穂拾いしておく。


こんな使われ方は、正直知らなかったなぁ。

◎制作年 1857年
◎素 材 キャンバスに油彩
◎寸 法 83.5 cm × 110 cm
◎オルセー美術館(パリ)所蔵

Kakushieotibo   Stop_2 

さて、この絵画の中には何種類の動物が紛れ込んで

いますでしょうか!  


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ま〜っ先日の「トレビの泉」の隠し絵の答えといって掲載した


ところで見てもらえてるんやらで空しいかもですが…答えはコ


レで〜す。簡単すぎてなんじゃいって(´,_ゝ`)プッ。


他にもなんかいるよ〜っていわれてもご本人次第でご判断!


Kakusietorebikotae_3

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月19日 (火)

隠し絵=1

おヒマついでに隠し絵なるものをちょいと載っけてみました。

こんなのにわざわざお付き合いするほど、お暇な方はおられんでしょうが…。

でも、作るまでは結構ない頭を絞って考えるんですよ〜これでも。

これは有名な「トレビの泉」ですから実際に目にしてる方もおられるのでは。

といっても、すでに手を加えていますから何やら様子が違うのは

わかるはずですって…ひとりでほざいてもしょうがないですけど!

動物がやたら紛れ込んでいますので眺めて遊んで下さい。

日を改めて正解をUPします。

忘れてそのままになってしまうかも知れませんが…。

催促がございましたら早々に画像を載せてみようかと思います。

暗いニュースばかりですからアタマを少し切り替えてみましょう。happy01


downwardrightさて、下の「トレビの泉」に隠れた動物は??…拡大してね。

Kakusietorebi_3

    


  

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 4日 (金)

東大へ向かう?!

仕事の打ち合わせで、いつもは車で出かけるのだが、ひさびさに電車でお得意先へ…。

ここへ出かける時は許す限りと電車を使い東大構内を散策しながら向かいます。

電話連絡があった時点ですでに自分には撮影しながらのコースはできあがっていたのである。

2011231

アバウトな約束の時間をいいことに、最初の目的地は駅より徒歩で東大構内の「三四郎池」。

夏目漱石の小説「三四郎」にちなんで「三四郎池」と呼ばれるようになった池である。

以前ここには来た記憶があるのだが、うろ覚えだったせいもあり改めて訪れてみました。

池が意外に大きいのと同時に緑が多く都心とは思えない趣で驚き。緋鯉が優雅に泳いでます。

お時間のある方は、訪れてみてはいかがでしょうか。構内は自由に散策できます。

2011232  2011223


さぁ、先を急ごうと思ったらスカイツリーが眼前に見えてきました。

そうか、ここは東京でも高台であるからよくかなり全体像が広がります。

2011235_2  20112310_2


さて、打ち合わせはそこそこに徒歩でほど近い湯島天神に立ち寄り、ちょうど「梅祭り」と

いうこともあり多くの観光客の皆さんがしきりに「梅」をバックにシャッターを切っていました。

2011238  

2011236_2  

  


↓これは男坂でとったものです。粋なアングルで撮ったつもりだったが…。

2011237

この後は天神下交差点から不忍池を通り、のんびり上野駅へ…パンダの来日で街中みんな

そわそわしてるように見えます。やたらパンダのイラストが…。

もうそろそろ家路につこうとしている人たちでごった返しになる時間ですから、わたしも帰ろ〜っと。

5343歩 今日これだけでこの歩数でした!!さて本題の仕事にかからなければ((*~ρ~))

20112310_3


      

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月29日 (土)

風俗に行こうかな…中卒作家

    

Dazai_4  第144回の芥川賞に中卒のフリーターの西村賢太さんの

  「苦役列車」が受賞。異例な会見で驚かせた。

  「そろそろ風俗に行こうかなと思って」誰しも耳を疑う

  言葉が…。本人はいたって冷静に本当にそう思ってまし

  たからって言ってました。冷静沈着、印税が入ったら風

  俗へ通いつめますって、すごいねこの人。

  「苦役列車」は知りませんが、読んでみたいと思いますね。
 
  親子二代の逮捕歴を持つという異例づくめばかりです。

  中卒でフリーターが芥川賞!この先は安定して作家活動に

  専念してこのキャラで作家として活動することでしょう。

  ////////////////////////////////////////////////

  こちらは青森県下有数の大地主である津島家の六男として
  
  生まれた「太宰治」。東京帝国大学文学部(現東京大学)

  出身で第1回芥川賞候補となったが川端康成から私生活を

酷評され落選。懇願の手紙を書いたとも言われている。

この格差はなんなのかなぁ〜。時代が違う??

  
  

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月22日 (日)

文学オンチには、なんも言えね〜

  

勉強嫌いなオイラは何を言っても始まらん!
しかし漱石の親は相当な名主であり権力も持っていたらしいですな。
そういう裕福な家庭にあったから、あの風貌が板についてるんだね。
金之助という本名とは知らなんだ。
庚申の日(慶応3年1月5日「1867年2月9日」)に生まれたため大泥棒に
なるという迷信から、厄除けの意味で「金」の文字が入れられたとある。

かくして漱石は、大泥棒どころかお札の肖像になってしまう。

Natsume

| コメント (0) | トラックバック (0)