旅行・地域

2016年11月19日 (土)

ちと早かったかな!

ここ秩父は長瀞町の
宝登山神社(ほどさんじんじゃ)へ。
日本武尊ゆかりの神社。
 
B001_3
 
B002
立派な彫り物が…
B003

( ´_ゝ`)フーン 見渡してると(笑)
知識がないため説明の補足がつかない。
予備知識なしでやってきたせいも
あったかなぁ?
見ごろはすこし早かったようです。
 
しかしココは2011年にミシュラン・
グリーンガイドジャポンに掲載され、
地元の人にとってはパワースポット
らしいのだが・・・
 
B012_3
 
駅前にあった鉄道娘は切り抜き加工して
貼りこんでいます(゚▽゚*)
 

B013

標高497mです 
B014
 
奥宮にある
狛犬は、オオカミであ〜る♪
 
B004_2
 
Dscn9515_2
冬桜
 
B005
ココは楓がすくないようなのか?
B009
 
B010
 
あっちは武甲山
石灰岩の採掘の跡!
なんか滝のように見えて異様。 
++++++++++++++++
 
もっと北上しないことには
ダメだったらしい。
いまじゃ都内の庭園も
見ごろでしょうにぃ。。。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月26日 (水)

さぁ、古都金沢

能登島からはイッキに南下。

見所がたくさんある古都金沢は

アクセスもいいから市街を歩き

まわりながら観光ができますよね。

初日行けなかったひがし茶屋街へ。

道幅の狭い市内での駐車場確保には

すごい苦労することとなる。

なんとか停めたコインパーキングは

初めてでも狭すぎるんだけど♪

B035_3

茶屋街への入り口角にある

石川さんや  (*^ω^*)ノ彡♪

なんともゆる〜〜い、ゆるすぎ(笑)

じつは石川テレビ局のキャラクター!

漢字の「石」をかたどったキャラの

リフレクターを購入。

B041

金沢は戦火から逃れたことで

むかしのままの趣きの街並みが

いまもこうして残っているという。

B036

路地から一歩踏み入れると…

B048

B043

B049

↑豪華絢爛、加賀百万石が

まさにモノを言わしめてる。

B046

地元のおじさん「こんにちわ!

…と、愛犬とお散歩中♪

ご主人が「こんにちわ」って言うと

アンヨを手に差しのべるワンちゃん♡

とても人懐っこく、抱っこして

あげていいよって。(10才…だって)

じゃぁ〜記念撮影♫って言ったら

「オレはいいんだよ!ダメダメ」

顔をそむけちゃった(o^-^o)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

B044

昼食は「武右衛門(ぶえもん)」

かなり落ちついた店内

B045

運よくこちらの席に通され

お庭をながめながら手打ちの

お蕎麦をいただきました。

B042

外は雨まじりとなってきた!

次でしめっくくりとしよう。

傘をさして足早に次ーーー

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

長町武家屋敷めぐりだ。

B003

B050

時代をワープしたかの

ような面影と静寂さ。

B004

小雨まじりのお屋敷巡りも悪くはない。

B051_2

茶房 似故礼(にこれ)でお茶。

縁側からテーブル越しにお庭に

向かいながら抹茶ミルクを…

B052

こちらはロケ地としていろんな

映画シーンに登場してたようです。

壁に著名人のそれはそれは懐かしい

スナップがいっぱいでした。

許可を得て撮影させていただきましたが

あんまりいろんなところへのアップは(;д;)

ご本人の許可はいただけないのでご勘弁を

と、いうことで自分の中に閉まっときます。

帰りの新幹線の時間も余裕だから

ゆったり足を休めることができました。

地元のかたは一様に市内の車移動がとても

不便だとおっしゃいます。

レンタカーを返却も迷いすぎて

焦ったことを言うと、受付の

女性でさえ会社にくるのにタマに

迷うことがありますってマジかぁ?

ーーーーーこれにて金沢の旅も〆

B056

金沢百番街にあった公式キャラ

「ひゃくまんさん」を撮っていて

ありゃ!脚が生えてます笑

評判がイマイチだったそうですが

いまは人気も定着してるそうな。。

B006←これは大事にしよ!

※じつは石川さんやのリフレクターは

 さっそく翌日バッグから落ちて?

 紛失しちゃいましたぁ〜可愛かったのに

B059

金沢のお弁当買ったわ!?

新幹線で食べたお弁当は

富山じゃねぇ〜〜の(笑

B054

金沢駅地下道はとても綺麗でしたがぁ〜

残念なことにトイレでとてもイヤァ〜な

思いしちゃいました改善願いたしだ!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月16日 (日)

北に進路♪

さて、お次は能登半島へ北上。
千里浜なぎさドライブウエイへ
単純に北上すればいいはずなのだが
ナビに逆らって走ったりしている
うちに?雨も降りだした…

Bb002_2
 
しかし、めったには…
お目にかかれない二重虹が!
車中正面に眺めながらドライブ。
カラー逆転である!
 
 
着いたどぉ〜数十年ぶり2度目♪
 
浜辺に停めてしばし潮風〜
 
Bb007
 
波打ち際を一直線に約8km走れる
日本で唯一の浜辺の道路。
千里浜なぎさドライブウェイだぁ。
日本海を左手にながめながら
ゆっくりゆっくり走行。
入り口付近でさっそくスタック
して困ってる観光客がいましたし。
 
このあと前方より海に近寄りたい
一心のカップルの車がコチラに
ニアミス、正面衝突しそぉ〜に。
右往左往Σ(゚д゚lll)アブナッ !
ハンドルを切って回避。。。
左側走行でしょうに。
 
       ↑まさにライブ中継映像です!
 
B022 
南北にまっすぐですが南下より
走るなら北上することですね!
 
Bb004
 
日本海のここの夕陽もキレイ
とってもいいんだが
お宿の時間もあるし…。
 
Bb006

千里浜レストハウスにある

砂のモニュメント
……………………………………………………
 
お時間通り宿到着
B026
これでお宿わかっちゃうかなぁ♪
 
B027
 
明日はあの能登大橋渡ります
夕食はなんとも言えず最高♡
美味しくって!お酒もかなり。
……………………………………………………
翌日せわしなくいつもの移動となる。
ホントならここから見附島(軍艦島)に
行く予定でいたのだが距離と時間を
考え断念し「のとじま水族館」に…
 
B030
 
Bb0020 
途中にある能登島ガラス美術館。
立ち寄るも月曜日!休館日である。
昨日までだったら見たい催しあった。
 
Bb0030
 
誰もいない小高い丘に登り
ぶらり眺めることにした。
 
 
…………………………………………………… 
最近ニュースで知ったばかりだが、
ジンベエザメの「モモベエ」は
その巨大さにココの水槽では
飼育がムリと海へ帰ってった。
確かに水槽の中では狭苦しそう。
いなくなる前に見れてラッキー♫
 
Bb009 
はじめてなんです

Bb0031

イワシの餌やり瞬間のウエーブ

……………………………………………………
(;´д`)いっきにと思ったが
キツ〜イ〜能登島からは
思い残した金沢市街の観光を
このあとに…

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 1日 (土)

世界遺産の旅〜♪

今日も(9/5日)朝から暑い!
朝食後あわただしく岐阜県入り
白川郷へと向かうこと一時間ほど。
まず手前の五箇山に立ち寄ることに。
 
合掌造りを見るのは初めて…
 
駐車場の係員に「白川郷と五箇山
の違いってなんでしょうか?」
 
「白川はココより山奥だしね〜
冬は寒いし雪は、よりに深いから
屋根の傾斜がキツイってことかな」
…ってことらしい。
 
B060
上からみて…観光バスもまばらだし
 
B001
まるで坑道のような通路を抜けて
 
B002
 
まずはエレベーターで下って
里山をゆっくり歩いてみた。
素朴で静かな佇まいです。
観光客はほとんどが白川郷を
めざして行くみたいですが。 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ココからさらに車で南下30分位。
写真では観光客を極力さけて
撮ったから分からないですが
とにかく外国の観光客が凄い。
B061
 
B006_2
まず「であい橋」を渡りきる
 
生活道路ですね
 
B016_2
ふと目についたマンホール
 
B004
 
世界遺産がこんなに観光地化
されていてオドロキでした!
 
 
B062_2
300円で靴をぬいで見学
 
B012
階段も屋根同様!キッつぅ
 
B065
農機具やらを保存してます
 
B009
 
五層建ての4階部分にあたる
窓からみた様子です。
唯一CSアンテナに生活感が♪
おわかりでしょうが、この一帯は
電柱は地中化されております。
 
B015
昔なつかし、いろりのある風景 
 
B008_2
水路には悠然とニジマスが…
 
B064_2
いちばん大きな茅葺きの家
 
B066_2
 
里山の景色をぐるり見直して
あとにすることとしました。
 
実際には観光客のすがたが
あまりに多く写真は限られた
ものばかりとなりました!
ココへ来られた方ならおわかり
でしょうが…さらっと紹介でした。
 
合掌造りといえば、あの真冬の
雪にうもれた美しい集落の写真を
イメージしますが、美しさの裏に
厳しい風雪に耐えていく生活が
待ち受けていることでしょうw
 
 
雲行きも怪しくなりまして北上して
和倉温泉までの長いドライブとなり
途中は、もんだいの千里浜へとGO!
 
よって三日目は改めて(;´д`)トホホ…

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月17日 (土)

天気は上々だった!

コレぞ〜乗ってみたいと思わせる新幹線。
開業以来、北陸が熱い視線を浴びている。
このE7系の車両デザインを監修されたのは
イタリア人以外で初めて、あのフェラーリを
デザインした「男」として有名な奥山清行氏。
って…ことで金沢へと「かがやき」でGO!
18席しかないグランクラスはさぞや快適か。
Bhokuriku_sinkansen 

インダストリアルの魅力に惹かれ描いてみた
 
東京~大宮~長野~富山~金沢~♪
 
B00033
 
B0001
 
B0002
 
2時間30分すこぶる快適な
所要時間で金沢駅。
台風が九州あたりに接近し
雨を気にしてたが幸いです。
 
B0003  
B0004
 
駅を感じさせない「もてなしドーム」 
 
B0005_2
正面はこのとおり
 
出発が去年より1時間おそいため急げ〜。
もてなしドームはアルミ合金の骨組みと
強化ガラスの組み合わせで訪れる人たちに
雨の日にも傘いらずの「おもてなしの心」
からだそうでとても明るい空間ですね。
正面にはどっしりとかまえた「鼓」を
モチーフとした木製の「鼓門」。 
 
B00034
アメリカの旅行誌Travel & LeisureのWEB版で
「世界で最も美しい駅」14選の6位に選ばれた
日本唯一のJR金沢駅。うなずけます。
 
++++++++++++++++++++++++++++++
 
さっそく駅前からレンタカーに乗り継ぎ、
ココからほど近い市役所地下駐車場へ。
まずは金沢21世紀美術館!愛称まるびぃ
しかし「21美」でかなり通用してるみたい。
外観のその丸い美術館の構造から、培養実験で
知られているシャーレを見立てたものだそうで
アートもここから培養するイメージなのか。
 
到着早々に昼食時間となり…正直お世辞にも
美味しいとまでは(;;´Д`)すべて高い! 
 
B0006 
 
B00011
 
かわいい「箸置き」思わず…
じつはこの時は多少体調優れず
自分はドリンクのみでしたが〜。
 
B00010 
 

B00035

カフェレストラン内から  

週末ということもあり、食後の
チケット購入にしばし長い列に
並ぶこととなる。
 
芸術…近代アートは無理せず自分の
好きなものをとにかく見るべし!
とやかく説明もできない作品が
いっぱいです。
そのなかで、目を引いたのは
スマートシューズ「オルフェ」。
LEDで鮮やかに色を放つ新感覚の
シューズ。

B00012 
B00013
写真にキャプションはあえてつけないことに…。  

B00018_2

B00019
 
B00020
 
B00021
この作品の大きさ圧倒
 

B00014

男子トイレにもアートな世界
 
B00017 
 
やはり1番人気は単純に誰にでも
楽しめるコレでしょうか。 

92_large

スイミング・プール 
 
10cmの水の層をつくった構造は
いたってシンプルで太陽の光りを
うけた人たちは上からみると水中に
いるかのように、そしてプール内から
見上げると水面が波うち、いろんな
表情に変わり輝きゆらいでいつまで
飽きないみていました。
 
91_detail  
 
93_large
 
B00022
 
B00023
↑から↓から撮り合いっこ 
 
 
 

B00026

 

B00031

 
++++++++++++++++++++++++++++++
 

B00036_2

さて「兼六園」へ徒歩で移動。
暑さと疲れでさらにダラダラ
園内の坂道でぐったりだったが、
霞が池の灯籠では写真を撮るにも
順番待ち。

B00028 

B00029

B00030

 
ススキで秋を感じ、風は心地よい。
 
今夜は市の郊外にあるホテルへ。
部屋の窓から日本海に沈む夕陽は
いつもみているものとひと味違うかな?
この日コチラは35℃ちかい猛暑!
東京は雨のようでしたが…
明日はきっとハードスケジュールとなりそ〜

B00032

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月15日 (火)

夏休みでしたが…

夏休み終盤にさしかかった
時期に縁起でもないハナシ!
万一の噴火で山のカタチが
変わらないうちに行って
おこ〜ょ〜ぉよぉ〜!
 
…ってな不謹慎な発言から
裏富士を〜逆さ富士を〜
観ておこうかぁ〜ってことで
中央フリーウェイ♪懐かしい
山梨県へは、ひさびさ(>_<)

 
わかりきっては、いるが
都内から抜け出すだけで
ヘトヘトになる渋滞。
なかなか順調とはいかない。
 
お昼時、大混雑の談合坂で
休憩と腹ごしらえ。
 
いざ!河口湖へあとひと息。  
 
リニア実験線をすり抜けて
そろそろ勇姿はあらわれる
はずだ??ホラッ  
 
Dscn9839_2 
車から望めたのもこれくらい
 
Dscn9843
 
なぁ〜〜んて撮ってみたが
予報どおり生憎の曇り空
まっ、これだけでも見られた
からヨシッとしよ。
河口湖インターからは
一路西湖へと向かうことに…  
 
Dscn9845
すれちがう車もなしで…快適
 
Dscn9860  
 
Dscn9866
 
西湖からではコンナ感じで…
そして野鳥の森公園!
着いてはみたものの
閑散とした様子?なんか変
ダレひとりとして人影なし!
野鳥のさえずりさえも寂しい
村営の告知板には、なんと
本日休園日とあった。
 
よくいえば貸切状態(ノ∀`)・゚・。
休園ならではノンビリ散歩。
家人にリサーチがダメね!って
言われようがかまいやしない。
 
Dscn9851
 
Dscn9846 
 
Dscn9855_2
ってわけでココはおしまい♪
 
さて本日のお宿に向かう途中
湖畔にある「道の駅」にて
ひと休みです。
 
広い芝生の上で、おもいおもいに
自由な雰囲気です。
 
都内からのブラスバンド部の
合宿の生徒さんたちが練習に
励んでおりました。
ハンモックにゆられてまったり!
しっかりポーズする愛犬の
スナップに夢中のご夫婦。
 
この「道の駅」でちと貴重なる
体験をさせていだきました。
のちに報告とする。 
 
Dscn9876_2 
 
Dscn9871_2 
このあとコケてました(○゚ε゚○)
 
Dscn9878
 
宿は富士山に面した最上階。
しかしながら全景は望めない。
かろうじて拝めたのはコレ
 
Dscn9894_2
翌早朝も、まったくその勇姿は
鉛色の厚い雲に包まれたまま。
逆さ富士なんて(;д;)とても! 
 
カチカチ山のロープウェイから
湖面を眺めてみることにしよう。
太宰治がこの天上山を舞台に
書いたパロディ版ともいわれる
小説「カチカチ山」(「御伽草子」収録)
からの地名である。
 
Dscn9947_2  
 
Dscn9954 
こんな状態じゃ〜ね? 
 
Dscn9952_2
 
では遊覧船で揺られてみることに
さて、お次ぎに移ろう。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
オルゴールで有名な観光地。
iPhoneで撮ってる様子を見てか、、
無言でiPhone6sPlusを差しだした
お坊っちゃま……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ
家族を撮って..とのサイン(笑)
片言の英語でご夫婦とやりとりして
ニコニコご家族三人パチリ。
台湾からのファミリーでした。
どこの観光地でもよく頼まれますねぇ
ウ〜ムやっぱデカイなぁ6s Plus 欲しい! 
 
Dscn9960
 
Dscn9966_2
 
Dscn9969_2
午後2時の噴水ショー♪
https://www.youtube.com/edit?o=U&video_id=THhFrQHA2b8
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
Dscn9979_2
 
お昼を軽くいただこうと
立ち寄った湖畔のパン工房!
カフェでまったり
 
Dscn9972 
↑パンの番号札11番♪ 
Dscn9977 
富士が見えたら最高の
ロケーションなのに〜
 
Dscn9975_2
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
○まちゃん♪ ありがとうございます。
  もぉ〜連絡取れないですねぇ元気よぉコッチは!
  その後が心配ですけど大丈夫ですか?

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月13日 (土)

山形の旅(続2)

Dscn8332_2
いきなり夕飯ですが……
米沢牛じゃなかったけど。。 
 
Dscn8333_3
 
銀山温泉街の入り口付近の宿です。
Tシャツに長袖一枚重ね着しても 
寒いくらいの気温に地元の方も
さすがに「冷え込んでますよね」って。
 
 
その名のとおり…
かつて 銀山として栄えたこの地に
温泉が涌き、さらに多くの宿が増え
大正〜昭和にかけて三層構造などの
木造旅館が残るロマン溢れる風景。
「おしん」のロケ地として有名

Dscn8344_2 
冬はさらに風情がありますね
これないけど… 
 
Dscn8358_2
 
本来ならこの木造のお宿へと
思ったものの事情は許さなかった。
銀山川のせせらぎを耳にしながら
両岸をぶらり散歩。
 
++++++++++++++++
 
翌朝からまた改めて…

Dscn8388 

Dscn8408
 
ガス灯が…
夜とはまた違う雰囲気  
 
Dscn8407_2 

Dscn8394_2

Dscn8402 

 
お天気もこのとおり!青空です。
今日この先の山あいを一巡して
また山登りとなります。

Dscn8412_2

↑ここから右側へ・・はいから通り

 
Dscn8420
 
スケールはさほどでもないけど
白銀滝と河鹿橋

Manga

ちっまたなんかしてやんのヽ(;´Д`ヽ)

急勾配の坑道入り口
 
Dscn8434_3
 
銀鉱洞は手すり階段を下り地中へと。
ひんやり(lll゚Д゚)ひゅ~ひゅ~蝙蝠が
頭上をかすめ一瞬ビックリ。
 
Dscn8438
 

Dscn8435_2

足元から秋を感じ取りますね。
イガ栗が…。うちまで持ち帰り
まっ茶々になってます┐(´-`)┌
 
Dscn8448_3
 
やはり秋だナァーーー
 
Dscn8446_2 

Fit2

Dscn8475_5

 
自然一杯の山形をあとにします
では、またぁ〜〜 
PS:駅前で、なんかイベント?
仮想集団の若者たちが・・・
笑)みたことあるよな(≥__≤)
にしこくんにせこくん

Dscn8483

続きを読む "山形の旅(続2)"

| トラックバック (0)

2014年9月 7日 (日)

山形の旅(続1)

山形の夜の眺めつつ明日に備える。 
Dscn8200_4
Dscn8216_3 朝も、早よから・・・?

Dscn8203

まずは腹ごしらえしてから
 
残念ながら今日も青空を望むべくも…
今日はまず市内の広大な面積を誇る
霞城公園(かじょうこうえん)へ。
山形にはなくてはならない英雄
最上義光公勇戦の像。
出羽の国の英雄、勇ましいお姿。
 
Dscn8228_2 
 
Dscn8227_3

Dscn8231

Dscn8233

Dscn8236

 
人なつっこい野良ニャンコ((≡^⚲͜^≡))
Dscn8243_6Dscn8249_6 

Dscn8254_2

さてつづいては…山形のランドマーク!
ルネサンス様式の煉瓦造りの旧県庁舎
文翔館へ。
一般公開は無料であるが入館と同時に
ガイドボランティアの方から館内を
1時間ほど特別に案内していただいた。
「ふだんはお見せしてないんですよ〜」
と貴重な部屋を次からつぎへと。
昭和天皇がお泊まりになったという
お部屋まで…
いろいろなご苦労された当時の
大変さを話し教えてくれました。
 
Dscn8262
なかなか威厳がありますよね! 
 
Dscn8288
 
Dscn8277 
 
Dscn8283
うっとりしちゃう、、美しい中庭
Dscn8275_2 
現存する時計塔としては、あの
札幌の時計台に次いで二番目に
古いという。
時計職人さんが5日に一度手回しで
分銅を巻き上げるそうな。
デザインの美しさにくわえ4面である
ことが日本では非常に稀であると
説明がありました。
 
Dscn8265
豪華絢爛の貴賓室 
 
Dscn8285
お隣の県会議事堂↓
 
Dscn8290_2
 
Dscn8293_2 
 
...((((=・o・)ノ ゴーゴー♪=3=3=3=3
はてさて、次なるは天童市へ移動。
天童といえば言わずと知れた将棋。
人間将棋で毎年のようにニュースで
目にはしているが…

Dscn8313
この写真から↓王手の写真は撮れないことがお解りかな?
 
いま座ってコレを書いている
愛用のチェアが天童木工製だから~
どちらかと言えばそちらのほうが
馴染みが深いかな(笑)
ちと工夫してなかなか 撮れない
アングルを要求してみたのがコレ。  
 
Dscn8311_2
王手!おおぉ手〜だよ。

Dscn8303

ここが人間将棋の会場なんですねぇ

Dscn8309_2 
このあとは銀山温泉♨にむけて
NAVIに従いやたら狭い長〜い
山路続きで運転手が寝てはいけないと
「しりとり」で車内は盛り上がりました♫
 
途中の棚田があるところで小休止。

Dscn8470_2 

Dscn8473_3 

だらだらにお付き合い
ありがとうございます。
よかったら本命、山形の旅(続2)に
お立寄りくださいませ!

| トラックバック (0)

2013年3月 3日 (日)

ミナト神戸…

朝4時「本日の予定は?」…「まぁ~おのぼりさんコース!


 
そして神戸♪じゃん」ボケボケの返事をしながら寝直す。
 
関西も同様に寒い!一晩中エアコンかけても毛布一枚だもの。


 
さすが底冷えのしんどい寒さで夜を明かすことに。


 



(o・ω・)ノ)朝から、外はあいにくの空で雲行きが怪しい。
 
今まで観光地で傘のお世話などなったことがないのにぃ~。

観光の気も失せつつ、かなりトーンダウンぎみに。



またとあるかどうか知れないチャンスだから動かない



ことにゃはじまらない。





しかしパラついてきたぁ~完全な雨となってしまった。

傘をさしながら「今日やめっか!引き返す?」言いかけたが、



さりとて狭い部屋に籠もっているわけにゃいかんし。 



Img_4946_4 
=+유=)ガォーッ
そうさ〜この予定だったのさ!


 
電車の進行方向は明るい、見通しもよいかな。

まずは自分のワガママを聞いてもらい新長田駅へ。

あの阪神・淡路大震災で壊滅的な被害状況で


特に火災によるものが多かったと聞きますが…。
 
 
駅からほど近い若松公園「鉄人28号モニュメント」へと。

いまの金ピカじゃないコレですね。鉄人28号は。



すくっと立ち上がると高さ18mという実物大。

重量感たっぷり迫力満点のヒーローがここに。



夜はライトアップされるらしい。

 
ふたりにとってはドデカイ置物にすぎないかなと思いきや



携帯で撮りまくってました。街灯は鉄人ヘッド部分が。
 
Dscn4903_2 
Dscn4910
おきまりのポーズ、真下にいき見上げると
まさにその迫力にワクワク
Dscn4912_2
うしろ姿もみておかないと…
Dscn4914_2 
Dscn4917_3 
街灯がご覧のとおりです
Dscn4919_2 
帰りがけしつこく名残り惜しくもう一枚
Dscn4920  








 
新長田から神戸へと移動、港町ハイカラ神戸散策。






 
ハイカラ(High Color)は死語に近いけど






 
やはり神戸に、この言葉はいまでも。。。




 
神戸へは六甲からの夜景を観に来て以来ですから、






 
ん~っと…わかんないくらいムカシの話し。


 
Dscn4921 
Dscn4922 
Dscn4923 
Dscn4927_3 

駅からベイエリアへ目指す途中、ヴィッセル神戸の



選手のラジオのインタビュー風景に遭遇…。



選手の姿に「ダレ誰?きゃ~イケメンじゃん!



ヴィッセル応援しよ~っと」J2降格でしょ。



やはりサッカー王国出身の血が騒ぐのか、ミーハーか?

すぐ「検索、検索して!」一応名前はわかりましたが。



とかなんとか言いながらハーバーランドへ。

 
Dscn4929 
おもしろいキリンの像 
Dscn4930
原宿から移転してきたんだそうな
ちょっと淋しそうな♪エルビス
Dscn4932 




 
狭い範囲に凝縮してる神戸だから徒歩で観光できる






 
ところが助かりますね。






 
まずは複合施設MOZAIC…客船が出航していく神戸港全体を






 
見渡せるデッキから記念写真を。






 
モザイク大観覧車は改修工事中でした。 
 






Dscn4933 
これで青空ならなぁ^^
Dscn4938_2
汽笛とともに船が出港
Dscn4941 
ここにはいろんなお店があって
ひととおりざっくり見て回り… 
Dscn4952_2 


お洒落なお店はついつい覗きたくなります。 
お土産を買い求めました。
 
Dscn4950 
Dscn4990
Dscn4958 
Dscn4962 



ちょうど道路反対側のチャペルで結婚式。



新婦がブーケを投げるシーンに



出くわしバッチシ撮れたましたよ。

沿道の観光客からも祝福の拍手。 

手にした幸運の女性は… 

Dscn4964_2
このポートタワーってもっとキレイな
イメージだったような…。
Dscn4967 
神戸の空もだんだんと… 
Dscn4968_2 
この循環バス「シティ・ループ」を
うまく利用すればお得みたいですけど 
Dscn4972 


 
港町もだんだん夕暮れともなり、






 
元町チャイナタウン南京町へ西安門へと進みます。






 
横浜のそれとは規模は小さいものの活気がありますね。






 
豚饅を求めるお客さんの行列がスゴイことに。






 
しかし全く人が寄り付かないお店も?




 
口コミで来るんでしょうかね。 
 








Dscn4974 
西安門から入っていきます 


Dscn4976 


Dscn4980 
南京町広場でみなさんひと休み
 
Dscn4983
 
Dscn4981 
小財神…お金の神様(ふれると☆ハッピーになるとか)
 
食事はここの広場わきのレストランですませ(生ビールがやっす~)、






 
帰りにもう一度ぐるりとまわり、西安門近くで豚饅をテイクアウト。






 
「勉強するあるよ~600円のところ550円どぅ~♪」






 
「50円~かぁ!」「わっわっかたぁよ~500円でいいよ~♪」




 


夜、電子レンジで言われたとおりにやったら店頭で食べるのと






 
遜色ない美味しさ。とってもお買得でした! 
 








Img_4945

今回はここ神戸での夜景は諦めることにしました。






 
ケチケチホテル宿なしのノープランプチ観光だから。 
 
贅沢はナッシング。




居留地まで足をのばす時間もなくなりました〜




 
 
さて、次の日は北野の異人館へとまいります。 


 
グダグダは明日も続くんでした。
 
 












Dscn4985_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月28日 (木)

大阪〜道頓堀へ

Dscn4783

Dscn4785
※これをもとにイラスト描きたいw
関西での生活も春がきて、ようやく一年となるところだ。

縁もゆかりもない土地でいろいろ苦労もあるだろうが…

いまだノリツッコミになかなか入っていけないらしい。

そんな生活の場を視察と称するプチ観光の敢行。

Dscn4804
※富士山をばっちりと思ったが
Dscn4814
※途中こんな光景も
 
新幹線での来阪するというのは2人では初めてか!

しばらく利用していなかったので快適さに改めて満足。

クルマに依存しすぎている自分にとっては、、、

富士山の雪景色を撮ろうとしたが…残念な結果となる。

ともかく目的地までは在来線に乗り換え兵庫県入り。

Dscn4825
 
昨年桜咲くシーズンの、この地へまたやってきました。

ひさしぶりの親子の再会もそこそこに、部屋の汚れ具合に

我慢ならじと早速片付けと掃除をやり直すことにした。

前日にしたという割にはあまりにお粗末だから。

うちでは散々言われている自分が…である。
 
電気カーペットを時間指定で届くように送りつけてあって

ウマい具合に早めの到着。さっそく設置して使用することに。

なにせここで二晩寝泊まりというのに布団がない(ノω・、)
 

落ち着いたところで、母娘は生活面での話しをいろいろと

取るに足らない、心もとないアドバイスをこまごまと。
 

夕方の出勤なのでまずは軽食をとり一緒に出かけることに。

大阪駅から地下街をテクテク、中之島フェスティバルタワーで

ひとまず別れ2人で市内を一望できる13Fのスカイロビーへと…

東京とは、ひと味違う夕景ぐるりを眺めながらパチリパチリ。

大阪は超高層ビルの建設ラッシュの様相。

2013年冬には「あべのハルカス」完成らしいですね。

日本一の高さ300mの複合ビルが…

Dscn4829
 
最上階にある「ラ・フェットひらまつ」は・・・

「我々のような庶民が足を踏み入れるとこじゃないからネっ!」と

クギを刺され当然だと納得しながらあとにしたが、しかし12階の

フェスティバルキッチンは一般の人も利用できんだっけなぁ。

わすれとった。やれやれ“おのぼりさん”〜。

Dscn4832
※ず〜っと望遠でしきりに撮ってましたネ
Dscn4837_2
※大阪の夕陽
Dscn4844
※ラウンドデザインがGood
Dscn4846_2
※こんなシーンが好き
Dscn4833_2
 
Dscn4841
※一応のポージング

 
ひと息ついたところで、さて道頓堀へと向かうとします。

地下鉄を利用すればいいものを市内を散策がてら徒歩でという

前提で念のため、交番で確認しようと尋ねました。

若いお巡りさんも自分のiPhoneを取り出し同じマップ検索。

ついでにボクの持っていたのを弄って表示の遅さに「おっそ〜」

(>_<)なんでや?4S同士やないの!OSも同じよね。。。

「クルマじゃなくって?ちょっと徒歩っていうのは相当ありまっせ!

とにかく…むこう側の広い御堂筋をずぅ〜っと歩くとそのうち左手に

すぐ人がいっぱいいてはって見えてきますから、、けど時間はね〜」

「まぁ!気になりませんから」といいながら歩きはじめたものの、

距離感がわからないために御堂筋に出てひたすら南下する。

iPhoneのマップを見ながら、その距離を見てツレには無謀だったよう。

まぁ、途中の散策もかねてだからイイじゃん…なんて言いながら。

普通に40分以上かかるわけだから。本人には伏せて勇気づける。

Dscn4850_2
 
Dscn4851
 
Dscn4852
 
Dscn4855
 
Dscn4856
 
Dscn4862
 
「まぁだっ?…あと何分くらい?足が限界」とマジに泣きそうになり

「カンベンしてよ〜?」スタバに寄ろうとしたがかなりの混みようで、

とにかくもう目的地までガンバレと檄をとばす。

しかし、ついに、ついにキレた、どこでもいいからと入っちゃえと

いいながら落ち着いた場所がココだった。

Dscn4867
 
冷えきったカラダと疲れきった足を休めるために

落ち着いた場所は、ア・ラ・カンパーニュでした!

カフェオレの味はなんともいえず美味しかった。

身も心もほっこり温めてくれました。

Dscn4870_2
ほんとうにほんとうに美味しかったよ。
Dscn4871
 
さて、もうすぐ!気をとりもどして向かった。

グリコ到着GOOL!あ〜アレアレよ。お疲れさまァ。

それにしてもココの混雑ぶりときたらスゴイ。

ここからはありきたりの写真ばかりですから

説明もないだろうから適当に眺めてくださいな。

Dscn4877
※まずは水面に映ったものから
Dscn4880
 
実際グリコ(キャラメル)には、一粒で
300m走ることができるエネルギーが
含まれているそうですね。

Dscn4883
※えびす橋
Dscn4885 
Dscn4888
 
Dscn4889
 
Dscn4895
 
Dscn4896_2 
 
Dscn4897
 
Dscn4894
 
Dscn4902_2
※心斎橋筋のこの人、人、人…
Dscn4899_2
※大タコ焼きがうまかったぁ〜


帰りは地下鉄に乗り込みなんとか帰路につきました。

住人が帰宅する前には完全に寝込んでたようです。

さて次の日は神戸。はたしてどうなるやら?

あらためて掲載いたします。

グダグダをここまでありがとうございました。(/ω\)
さらに、グダグダになりそ?

| コメント (0) | トラックバック (0)