旅行・地域

2017年11月20日 (月)

Fall or Autumn !

地球上にはハッキリと四季の区別が
つかない地域もあるが、この日本列島は
地球に位置する関係もありそうだとか?
やはり季節は巡ってやってくるって
ある意味しあわせなんだと…
そんなこんなで一泊にて紅葉狩りへ。
 
北上すること4時間超!車の燃費も
リッター24km超えとなる(o^-^o)
走らせてやらないと車のためにも
ならないからねぇたまには!

Dsc_0033

会津鶴ヶ城

Dsc_0026

お天気イマイチ天守閣からの紅葉も〜ドンヨリ

Dsc_0052

 
千利休の子少庵ゆかりの茶室

「麟閣」の紅葉状態。

Dsc_0042

 

Urabandai_1

冠雪の裏磐梯を望める桧原湖畔の宿へ。
そして当日は「ハロウイン」でした。
ホテルのロビーは飾り付けでいっぱい♪
 
翌日はリクエストに応えて
覚悟の急勾配を往復をして中津川渓谷。
 
紅葉の時期は若干ずれてたのかも?
しれないが存分に堪能できたかな♪

Dsc_0145

まだまだ紅葉のスナップはいっぱい!ですが…
 
最後にお洒落な建物の諸橋近代美術館で
「DALI」の作品にふれることができたことは
いい想い出となりました。 芸術の秋です!

Dsc_0158

ミュージアムの素敵なエントランス

Dsc_0167

諸橋近代美術館

Dali
 
日本の四季も、いまやすこし危うい
温暖化がその様相を変えようとしている。 
四季のはっきりとした区別がつかないことに
ならないように祈りたいΣ(゚д゚lll)アブナッ !
 
「秋」といえばアメリカ英語で“Fall”
そしてイギリス英語では“Autumn”なのだが
自分はなぜか逆にとらえていた((ノ)゚ω(ヾ))
♪エンゲルベルト・フンパーディンクの
「太陽は燃えている」の歌詞のなかでは
「every fall...」と歌っていたから?
 
だって彼はイギリス人だったはずだし。
 
売らんがための歌詞だったのかわかりませんが
 
そんなわけで冬がやってくるぞぉーー
へんな〆でした。。。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 7日 (火)

2017後半 がんばろ〜

ありきたりのコースを
それなりに観光しつつコレで
北海道道南の旅も終わり。

Ho1

金森赤レンガ倉庫 ↑右上は函館山展望台

Ho2

異国を想わせる八幡坂

Ho3

港街は石畳がよく似合う

Ho4

旧イギリス領事館

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 
五稜郭タワーは新しく、
そして高いタワーとなっていた!
https://ja.wikipedia.org/wiki/五稜郭#/media/File:Satellite_image_of_Hakodate_Goryokaku.jpg
↑衛星写真でしっかり☆型が見えます

Dsc_0486

土塁の桜並木が力強い

Dsc_0487

箱館奉行所 (復元)

Dsc_0517

空の移動なら1時間ちょっとのフライト。
それもイイが鉄道はそれなりにのんびり
コレもまたイイもの…
といってもかなりの高速だ。
いま豪華鉄車での観光が脚光を
浴びています。
いつか車中泊をしながらの
観光地周遊するってかなり
贅沢なプランだろうがぁw。
 
…と思いながら函館をアトに。
今年も残り少なくなってきた
年内さいごの紅葉を楽しんで!
まだまだ、がんばんなきゃ♪

Ho5

少々張りこんだ¥2,000也を食しながら…

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月18日 (水)

はるばるきたぜ=3=3

どこへ行っても、
アジアからのみならず観光客の多さ。
その場にいる自分たち(゚m゚*)w
そして元気女子が圧倒的に多い…
小樽は自分のイメージと違ったかなぁ?
 
Unga01
 
Unga2
 
Unga1
ご覧のとおり女子だらけΣ(゚д゚;)
Donburi
 
「小樽運河食堂」で食事をしながらも
今夜は函館市内夕食どきまでホテルへ
到着しとかなきゃの雑念がありながら。
 
小樽市内に有名な洋菓子店「ルタオ
点在していますが寄れませんでした。
さらに小樽駅に「るたお駅」なる看板が
あることを見たんだけどなぁ〜?
時間にせかされ切り上げなきゃhappy02
 
函館のホテルまでナビは約5時間と表示。
まぁ、渋滞もないことだろうし早めの到着
になるだろうと…その通りスイスイ?(゚ー゚)
 
とちゅう妙な「岩」発見!
停めて撮影しよう…「時間ないからヤメてけれ」
やむなく後部座席から撮ってもろたのがコレ!
 
Katana
 
予備知識になかったから慌ててしまったが
帰って調べたら「弁慶の刀掛岩」と判明!
http://www.town.iwanai.hokkaido.jp/?p=1038
それにしても快適なドライブではあった。
このあと、ひたすら函館まで走る=3=3
 
Photo
 
車も、まばらな淋しいパーキング
ココからホテルへ遅くなる旨TEL
ようやく夜8時、懐かしい函館でぇーーす。
 
Hakodate1
 
部屋からの夜景に癒されながら
ハセガワストアーラッキーピエロ
食料とビール買い出し、そしてサッカーだよ!
 
Hakodate3
 
ウォーーー♪W杯決定を確認して
TVでW杯決定の瞬間に盛り上がりながら
函館山へと繰り出す!
 
Hakodateyama
↑拡大してみてね
 
一般車両は夜10時以降での通行です(*^-^)
お天気にも恵まれ、くねくね狭い急坂を登りながら
見えてくる目映いばかりの光景に
ワァーワァー♪キャーキャー♪
ここはむかしアルファベットの「H」
かくれていると聞いた覚えが…しかし
いまはどこにもその記述がないんだなぁ。
「♡」マークがとか「スキ」とかが見えるとか?
いずれにせよ100万ドルの夜景と言ったのは
日本人であって、、それも電気代に換算すれば
「百万弗に値する」ということらしいですが
 
一見?キレイにみえる夜景・・・じつは
気温14℃ということと半ズボンという
薄着で手が、かじかむほどの寒さで
シャッターぶれてますねぇ残念(ノω・、)
もっとしっかり撮りたかった♪
気温が低いから夜景がキレイんんじゃい。
街全体の灯りは近代的な感じに映ったょ。
 
しかし函館は新幹線のおかげで観光客に
とってプラスになるのか?
延伸して札幌まで開通するようになると
通過駅になってしまうんじゃないかと
という危惧があるみたいだけど
そんなことのないように祈りたい!
 
明日(9/1)北海道をあとにします。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月19日 (土)

ちと早かったかな!

ここ秩父は長瀞町の
宝登山神社(ほどさんじんじゃ)へ。
日本武尊ゆかりの神社。
 
B001_3
 
B002
立派な彫り物が…
B003

( ´_ゝ`)フーン 見渡してると(笑)
知識がないため説明の補足がつかない。
予備知識なしでやってきたせいも
あったかなぁ?
見ごろはすこし早かったようです。
 
しかしココは2011年にミシュラン・
グリーンガイドジャポンに掲載され、
地元の人にとってはパワースポット
らしいのだが・・・
 
B012_3
 
駅前にあった鉄道娘は切り抜き加工して
貼りこんでいます(゚▽゚*)
 

B013

標高497mです 
B014
 
奥宮にある
狛犬は、オオカミであ〜る♪
 
B004_2
 
Dscn9515_2
冬桜
 
B005
ココは楓がすくないようなのか?
B009
 
B010
 
あっちは武甲山
石灰岩の採掘の跡!
なんか滝のように見えて異様。 
++++++++++++++++
 
もっと北上しないことには
ダメだったらしい。
いまじゃ都内の庭園も
見ごろでしょうにぃ。。。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月26日 (水)

さぁ、古都金沢

能登島からはイッキに南下。

見所がたくさんある古都金沢は

アクセスもいいから市街を歩き

まわりながら観光ができますよね。

初日行けなかったひがし茶屋街へ。

道幅の狭い市内での駐車場確保には

すごい苦労することとなる。

なんとか停めたコインパーキングは

初めてでも狭すぎるんだけど♪

B035_3

茶屋街への入り口角にある

石川さんや  (*^ω^*)ノ彡♪

なんともゆる〜〜い、ゆるすぎ(笑)

じつは石川テレビ局のキャラクター!

漢字の「石」をかたどったキャラの

リフレクターを購入。

B041

金沢は戦火から逃れたことで

むかしのままの趣きの街並みが

いまもこうして残っているという。

B036

路地から一歩踏み入れると…

B048

B043

B049

↑豪華絢爛、加賀百万石が

まさにモノを言わしめてる。

B046

地元のおじさん「こんにちわ!

…と、愛犬とお散歩中♪

ご主人が「こんにちわ」って言うと

アンヨを手に差しのべるワンちゃん♡

とても人懐っこく、抱っこして

あげていいよって。(10才…だって)

じゃぁ〜記念撮影♫って言ったら

「オレはいいんだよ!ダメダメ」

顔をそむけちゃった(o^-^o)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

B044

昼食は「武右衛門(ぶえもん)」

かなり落ちついた店内

B045

運よくこちらの席に通され

お庭をながめながら手打ちの

お蕎麦をいただきました。

B042

外は雨まじりとなってきた!

次でしめっくくりとしよう。

傘をさして足早に次ーーー

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

長町武家屋敷めぐりだ。

B003

B050

時代をワープしたかの

ような面影と静寂さ。

B004

小雨まじりのお屋敷巡りも悪くはない。

B051_2

茶房 似故礼(にこれ)でお茶。

縁側からテーブル越しにお庭に

向かいながら抹茶ミルクを…

B052

こちらはロケ地としていろんな

映画シーンに登場してたようです。

壁に著名人のそれはそれは懐かしい

スナップがいっぱいでした。

許可を得て撮影させていただきましたが

あんまりいろんなところへのアップは(;д;)

ご本人の許可はいただけないのでご勘弁を

と、いうことで自分の中に閉まっときます。

帰りの新幹線の時間も余裕だから

ゆったり足を休めることができました。

地元のかたは一様に市内の車移動がとても

不便だとおっしゃいます。

レンタカーを返却も迷いすぎて

焦ったことを言うと、受付の

女性でさえ会社にくるのにタマに

迷うことがありますってマジかぁ?

ーーーーーこれにて金沢の旅も〆

B056

金沢百番街にあった公式キャラ

「ひゃくまんさん」を撮っていて

ありゃ!脚が生えてます笑

評判がイマイチだったそうですが

いまは人気も定着してるそうな。。

B006←これは大事にしよ!

※じつは石川さんやのリフレクターは

 さっそく翌日バッグから落ちて?

 紛失しちゃいましたぁ〜可愛かったのに

B059

金沢のお弁当買ったわ!?

新幹線で食べたお弁当は

富山じゃねぇ〜〜の(笑

B054

金沢駅地下道はとても綺麗でしたがぁ〜

残念なことにトイレでとてもイヤァ〜な

思いしちゃいました改善願いたしだ!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月16日 (日)

北に進路♪

さて、お次は能登半島へ北上。
千里浜なぎさドライブウエイへ
単純に北上すればいいはずなのだが
ナビに逆らって走ったりしている
うちに?雨も降りだした…

Bb002_2
 
しかし、めったには…
お目にかかれない二重虹が!
車中正面に眺めながらドライブ。
カラー逆転である!
 
 
着いたどぉ〜数十年ぶり2度目♪
 
浜辺に停めてしばし潮風〜
 
Bb007
 
波打ち際を一直線に約8km走れる
日本で唯一の浜辺の道路。
千里浜なぎさドライブウェイだぁ。
日本海を左手にながめながら
ゆっくりゆっくり走行。
入り口付近でさっそくスタック
して困ってる観光客がいましたし。
 
このあと前方より海に近寄りたい
一心のカップルの車がコチラに
ニアミス、正面衝突しそぉ〜に。
右往左往Σ(゚д゚lll)アブナッ !
ハンドルを切って回避。。。
左側走行でしょうに。
 
       ↑まさにライブ中継映像です!
 
B022 
南北にまっすぐですが南下より
走るなら北上することですね!
 
Bb004
 
日本海のここの夕陽もキレイ
とってもいいんだが
お宿の時間もあるし…。
 
Bb006

千里浜レストハウスにある

砂のモニュメント
……………………………………………………
 
お時間通り宿到着
B026
これでお宿わかっちゃうかなぁ♪
 
B027
 
明日はあの能登大橋渡ります
夕食はなんとも言えず最高♡
美味しくって!お酒もかなり。
……………………………………………………
翌日せわしなくいつもの移動となる。
ホントならここから見附島(軍艦島)に
行く予定でいたのだが距離と時間を
考え断念し「のとじま水族館」に…
 
B030
 
Bb0020 
途中にある能登島ガラス美術館。
立ち寄るも月曜日!休館日である。
昨日までだったら見たい催しあった。
 
Bb0030
 
誰もいない小高い丘に登り
ぶらり眺めることにした。
 
 
…………………………………………………… 
最近ニュースで知ったばかりだが、
ジンベエザメの「モモベエ」は
その巨大さにココの水槽では
飼育がムリと海へ帰ってった。
確かに水槽の中では狭苦しそう。
いなくなる前に見れてラッキー♫
 
Bb009 
はじめてなんです

Bb0031

イワシの餌やり瞬間のウエーブ

……………………………………………………
(;´д`)いっきにと思ったが
キツ〜イ〜能登島からは
思い残した金沢市街の観光を
このあとに…

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 1日 (土)

世界遺産の旅〜♪

今日も(9/5日)朝から暑い!
朝食後あわただしく岐阜県入り
白川郷へと向かうこと一時間ほど。
まず手前の五箇山に立ち寄ることに。
 
合掌造りを見るのは初めて…
 
駐車場の係員に「白川郷と五箇山
の違いってなんでしょうか?」
 
「白川はココより山奥だしね〜
冬は寒いし雪は、よりに深いから
屋根の傾斜がキツイってことかな」
…ってことらしい。
 
B060
上からみて…観光バスもまばらだし
 
B001
まるで坑道のような通路を抜けて
 
B002
 
まずはエレベーターで下って
里山をゆっくり歩いてみた。
素朴で静かな佇まいです。
観光客はほとんどが白川郷を
めざして行くみたいですが。 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ココからさらに車で南下30分位。
写真では観光客を極力さけて
撮ったから分からないですが
とにかく外国の観光客が凄い。
B061
 
B006_2
まず「であい橋」を渡りきる
 
生活道路ですね
 
B016_2
ふと目についたマンホール
 
B004
 
世界遺産がこんなに観光地化
されていてオドロキでした!
 
 
B062_2
300円で靴をぬいで見学
 
B012
階段も屋根同様!キッつぅ
 
B065
農機具やらを保存してます
 
B009
 
五層建ての4階部分にあたる
窓からみた様子です。
唯一CSアンテナに生活感が♪
おわかりでしょうが、この一帯は
電柱は地中化されております。
 
B015
昔なつかし、いろりのある風景 
 
B008_2
水路には悠然とニジマスが…
 
B064_2
いちばん大きな茅葺きの家
 
B066_2
 
里山の景色をぐるり見直して
あとにすることとしました。
 
実際には観光客のすがたが
あまりに多く写真は限られた
ものばかりとなりました!
ココへ来られた方ならおわかり
でしょうが…さらっと紹介でした。
 
合掌造りといえば、あの真冬の
雪にうもれた美しい集落の写真を
イメージしますが、美しさの裏に
厳しい風雪に耐えていく生活が
待ち受けていることでしょうw
 
 
雲行きも怪しくなりまして北上して
和倉温泉までの長いドライブとなり
途中は、もんだいの千里浜へとGO!
 
よって三日目は改めて(;´д`)トホホ…

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月17日 (土)

天気は上々だった!

コレぞ〜乗ってみたいと思わせる新幹線。
開業以来、北陸が熱い視線を浴びている。
このE7系の車両デザインを監修されたのは
イタリア人以外で初めて、あのフェラーリを
デザインした「男」として有名な奥山清行氏。
って…ことで金沢へと「かがやき」でGO!
18席しかないグランクラスはさぞや快適か。
Bhokuriku_sinkansen 

インダストリアルの魅力に惹かれ描いてみた
 
東京~大宮~長野~富山~金沢~♪
 
B00033
 
B0001
 
B0002
 
2時間30分すこぶる快適な
所要時間で金沢駅。
台風が九州あたりに接近し
雨を気にしてたが幸いです。
 
B0003  
B0004
 
駅を感じさせない「もてなしドーム」 
 
B0005_2
正面はこのとおり
 
出発が去年より1時間おそいため急げ〜。
もてなしドームはアルミ合金の骨組みと
強化ガラスの組み合わせで訪れる人たちに
雨の日にも傘いらずの「おもてなしの心」
からだそうでとても明るい空間ですね。
正面にはどっしりとかまえた「鼓」を
モチーフとした木製の「鼓門」。 
 
B00034
アメリカの旅行誌Travel & LeisureのWEB版で
「世界で最も美しい駅」14選の6位に選ばれた
日本唯一のJR金沢駅。うなずけます。
 
++++++++++++++++++++++++++++++
 
さっそく駅前からレンタカーに乗り継ぎ、
ココからほど近い市役所地下駐車場へ。
まずは金沢21世紀美術館!愛称まるびぃ
しかし「21美」でかなり通用してるみたい。
外観のその丸い美術館の構造から、培養実験で
知られているシャーレを見立てたものだそうで
アートもここから培養するイメージなのか。
 
到着早々に昼食時間となり…正直お世辞にも
美味しいとまでは(;;´Д`)すべて高い! 
 
B0006 
 
B00011
 
かわいい「箸置き」思わず…
じつはこの時は多少体調優れず
自分はドリンクのみでしたが〜。
 
B00010 
 

B00035

カフェレストラン内から  

週末ということもあり、食後の
チケット購入にしばし長い列に
並ぶこととなる。
 
芸術…近代アートは無理せず自分の
好きなものをとにかく見るべし!
とやかく説明もできない作品が
いっぱいです。
そのなかで、目を引いたのは
スマートシューズ「オルフェ」。
LEDで鮮やかに色を放つ新感覚の
シューズ。

B00012 
B00013
写真にキャプションはあえてつけないことに…。  

B00018_2

B00019
 
B00020
 
B00021
この作品の大きさ圧倒
 

B00014

男子トイレにもアートな世界
 
B00017 
 
やはり1番人気は単純に誰にでも
楽しめるコレでしょうか。 

92_large

スイミング・プール 
 
10cmの水の層をつくった構造は
いたってシンプルで太陽の光りを
うけた人たちは上からみると水中に
いるかのように、そしてプール内から
見上げると水面が波うち、いろんな
表情に変わり輝きゆらいでいつまで
飽きないみていました。
 
91_detail  
 
93_large
 
B00022
 
B00023
↑から↓から撮り合いっこ 
 
 
 

B00026

 

B00031

 
++++++++++++++++++++++++++++++
 

B00036_2

さて「兼六園」へ徒歩で移動。
暑さと疲れでさらにダラダラ
園内の坂道でぐったりだったが、
霞が池の灯籠では写真を撮るにも
順番待ち。

B00028 

B00029

B00030

 
ススキで秋を感じ、風は心地よい。
 
今夜は市の郊外にあるホテルへ。
部屋の窓から日本海に沈む夕陽は
いつもみているものとひと味違うかな?
この日コチラは35℃ちかい猛暑!
東京は雨のようでしたが…
明日はきっとハードスケジュールとなりそ〜

B00032

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月15日 (火)

夏休みでしたが…

夏休み終盤にさしかかった
時期に縁起でもないハナシ!
万一の噴火で山のカタチが
変わらないうちに行って
おこ〜ょ〜ぉよぉ〜!
 
…ってな不謹慎な発言から
裏富士を〜逆さ富士を〜
観ておこうかぁ〜ってことで
中央フリーウェイ♪懐かしい
山梨県へは、ひさびさ(>_<)

 
わかりきっては、いるが
都内から抜け出すだけで
ヘトヘトになる渋滞。
なかなか順調とはいかない。
 
お昼時、大混雑の談合坂で
休憩と腹ごしらえ。
 
いざ!河口湖へあとひと息。  
 
リニア実験線をすり抜けて
そろそろ勇姿はあらわれる
はずだ??ホラッ  
 
Dscn9839_2 
車から望めたのもこれくらい
 
Dscn9843
 
なぁ〜〜んて撮ってみたが
予報どおり生憎の曇り空
まっ、これだけでも見られた
からヨシッとしよ。
河口湖インターからは
一路西湖へと向かうことに…  
 
Dscn9845
すれちがう車もなしで…快適
 
Dscn9860  
 
Dscn9866
 
西湖からではコンナ感じで…
そして野鳥の森公園!
着いてはみたものの
閑散とした様子?なんか変
ダレひとりとして人影なし!
野鳥のさえずりさえも寂しい
村営の告知板には、なんと
本日休園日とあった。
 
よくいえば貸切状態(ノ∀`)・゚・。
休園ならではノンビリ散歩。
家人にリサーチがダメね!って
言われようがかまいやしない。
 
Dscn9851
 
Dscn9846 
 
Dscn9855_2
ってわけでココはおしまい♪
 
さて本日のお宿に向かう途中
湖畔にある「道の駅」にて
ひと休みです。
 
広い芝生の上で、おもいおもいに
自由な雰囲気です。
 
都内からのブラスバンド部の
合宿の生徒さんたちが練習に
励んでおりました。
ハンモックにゆられてまったり!
しっかりポーズする愛犬の
スナップに夢中のご夫婦。
 
この「道の駅」でちと貴重なる
体験をさせていだきました。
のちに報告とする。 
 
Dscn9876_2 
 
Dscn9871_2 
このあとコケてました(○゚ε゚○)
 
Dscn9878
 
宿は富士山に面した最上階。
しかしながら全景は望めない。
かろうじて拝めたのはコレ
 
Dscn9894_2
翌早朝も、まったくその勇姿は
鉛色の厚い雲に包まれたまま。
逆さ富士なんて(;д;)とても! 
 
カチカチ山のロープウェイから
湖面を眺めてみることにしよう。
太宰治がこの天上山を舞台に
書いたパロディ版ともいわれる
小説「カチカチ山」(「御伽草子」収録)
からの地名である。
 
Dscn9947_2  
 
Dscn9954 
こんな状態じゃ〜ね? 
 
Dscn9952_2
 
では遊覧船で揺られてみることに
さて、お次ぎに移ろう。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
オルゴールで有名な観光地。
iPhoneで撮ってる様子を見てか、、
無言でiPhone6sPlusを差しだした
お坊っちゃま……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ
家族を撮って..とのサイン(笑)
片言の英語でご夫婦とやりとりして
ニコニコご家族三人パチリ。
台湾からのファミリーでした。
どこの観光地でもよく頼まれますねぇ
ウ〜ムやっぱデカイなぁ6s Plus 欲しい! 
 
Dscn9960
 
Dscn9966_2
 
Dscn9969_2
午後2時の噴水ショー♪
https://www.youtube.com/edit?o=U&video_id=THhFrQHA2b8
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
Dscn9979_2
 
お昼を軽くいただこうと
立ち寄った湖畔のパン工房!
カフェでまったり
 
Dscn9972 
↑パンの番号札11番♪ 
Dscn9977 
富士が見えたら最高の
ロケーションなのに〜
 
Dscn9975_2
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
○まちゃん♪ ありがとうございます。
  もぉ〜連絡取れないですねぇ元気よぉコッチは!
  その後が心配ですけど大丈夫ですか?

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月13日 (土)

山形の旅(続2)

Dscn8332_2
いきなり夕飯ですが……
米沢牛じゃなかったけど。。 
 
Dscn8333_3
 
銀山温泉街の入り口付近の宿です。
Tシャツに長袖一枚重ね着しても 
寒いくらいの気温に地元の方も
さすがに「冷え込んでますよね」って。
 
 
その名のとおり…
かつて 銀山として栄えたこの地に
温泉が涌き、さらに多くの宿が増え
大正〜昭和にかけて三層構造などの
木造旅館が残るロマン溢れる風景。
「おしん」のロケ地として有名

Dscn8344_2 
冬はさらに風情がありますね
これないけど… 
 
Dscn8358_2
 
本来ならこの木造のお宿へと
思ったものの事情は許さなかった。
銀山川のせせらぎを耳にしながら
両岸をぶらり散歩。
 
++++++++++++++++
 
翌朝からまた改めて…

Dscn8388 

Dscn8408
 
ガス灯が…
夜とはまた違う雰囲気  
 
Dscn8407_2 

Dscn8394_2

Dscn8402 

 
お天気もこのとおり!青空です。
今日この先の山あいを一巡して
また山登りとなります。

Dscn8412_2

↑ここから右側へ・・はいから通り

 
Dscn8420
 
スケールはさほどでもないけど
白銀滝と河鹿橋

Manga

ちっまたなんかしてやんのヽ(;´Д`ヽ)

急勾配の坑道入り口
 
Dscn8434_3
 
銀鉱洞は手すり階段を下り地中へと。
ひんやり(lll゚Д゚)ひゅ~ひゅ~蝙蝠が
頭上をかすめ一瞬ビックリ。
 
Dscn8438
 

Dscn8435_2

足元から秋を感じ取りますね。
イガ栗が…。うちまで持ち帰り
まっ茶々になってます┐(´-`)┌
 
Dscn8448_3
 
やはり秋だナァーーー
 
Dscn8446_2 

Fit2

Dscn8475_5

 
自然一杯の山形をあとにします
では、またぁ〜〜 
PS:駅前で、なんかイベント?
仮想集団の若者たちが・・・
笑)みたことあるよな(≥__≤)
にしこくんにせこくん

Dscn8483

続きを読む "山形の旅(続2)"

| トラックバック (0)